残業代が出ない裁量労働制の会社について。

私の会社は裁量労働制を採用しているのだが、普通にリーダーがいてスケジュールを管理しているので、個人に特別な裁量がある訳ではない。また、出社時間も9時?18時なので、自由に出勤退勤もできない。
裁量労働制は、研究職やクリエイティブな職種のために、労働時間ではなく、成果によって対価を支払う制度である。しかしながら、その制度は拡大解釈され、ブラック企業の温床にもなりつつある。システムエンジニアの職種は、一応、裁量労働制の範囲ではあるが、自分自身でスケジュールが組める人に限られる。実際には、何の裁量もないブログラマーやメンバーがその対象になっている。また、そういった企業はたくさんの残業が発生するケースが多い。企業にしてみれば、ただでいくらでも働かせられる人材を確保できた訳だから。
仮に業績が良くても社員に還元されるものわずかなので、サービス残業分はどこに消えたのか疑問に思う。また、業績が悪くなると、減らされり額は、大きい。転職活動で裁量労働制の企業は少し注意してみてもよいかもしれない。

各種ひとについて研究をしていました

ゲストなどについて勉学をしました。ドルトン(1766〜1844時期)原子見解を提唱しました。オールは、原子でできていると考えました。古代ギリシャ語で、「これ以上分けられない」という意味の「atmos」を流用して、原子を「atom」と名づけました。こういう時分、マグネシア(酸化マグネシウム)やライム(酸化カルシウム)は、原子と考えられていました。また、ものをつくる原子についてのアイデアがさまざまでなく、水の分子ランキングが混乱していて、HOなどが使われていました。単体も化合小物もオール原子からできてある。原子は多種によって流れも質量もちがい、隔てることができません。ものの変化は、原子の調整が入れ替わるだけだ。ベルセリウス(1779〜1848時期)という人類は、ドルトンの絵図は複雑なので、原子を記号で表そうと考えました。ベルセリウスは、原子の頭文字を記号として使用しました(1813時期)。知らないことを知れて良かったです。http://www.cinemasurprise.com/