テレビでやっていた映画を見たりしていました

21時くらいから放送されていた、映画を見ました。「アリスインワンダーランド」という映画を見ていました。この映画は前にも見たことがあったのですが、すごく久しぶりに見ました。ディズニー映画は好きなので、楽しみにしていました。特殊メイクもすごくて、圧倒されてしまうくらいでした。話の内容も最後は、ハッピーエンドで終わったので良かったです。主題歌も知っているアーティストが歌っていたのですが、嬉しかったです。次は、夜遅くからあるラジオを聴きました。このラジオ番組は、毎週のように聴いているラジオ番組です。いつも聴いていると、元気がでるので毎週聴くようにしています。曲も途中でかかりますが、懐かしい曲ばかりだったので聴けて良かったです。曲の他にもいくつかコーナーをやっていました。白黒をはっきりつけるコーナーや、リスナーから教えてほしいことを募集して紹介するコーナーもありました。30分の間でしたが、楽しかったです。

出産、育児をしている今、過去に思ったこと

現在、2歳3か月の女の子と1歳1か月の女の子2人を育児しています。
性別が一緒だとおさがりが多く経験で判断できることも多いですが性格が驚くほど違います。
1人目が割と育てやすく大きな病気やケガもなく2歳まで成長したのに対して
2人目は生まれるまえから体に影が見えたり生まれてからも心臓に雑音が聞こえたりと
心配ごとが多かったです。
そのせいか接し方は同じようにしてるつもりでも違うのか性格が真反対の姉妹です。
簡単にいうとお姉ちゃんは明るく元気の典型で、妹は体が弱く引っ込み思案の典型という感じです。
まだ2人とも未就園児なので、母親のわたしと過ごすことが多い現状ですが
就園児になり周りの環境での変化もあると思うので楽しみです。
お姉ちゃんが生まれて1歳なる前に2人目を妊娠しましたがもう少し間をあけてもよかったかなと
思うこともありましたが未就園児の間の数年の日々を母親と2人きりで過ごすより
兄弟姉妹がいて過ごすのでは感じることも経験できることも違うと思うので
今はよかったと思っています。

遠ざかっていた、図解を描くという嗜好への復職

私は昔から挿絵を描くのがびいきでした。今日色々な素敵な挿絵をツイッターなどで見るうちに、また書きたい!というポリシーが高まってきました。
埃を被っていた絵の具や筆を引っ張り出して、筆を滑らせていたあの間の懐かしさに浸りながらまた挿絵を描きました。
久しぶりに書くと案の定ゲンコツは落ちているものですが、楽しさに変わりはありませんね。
今回は私のいる街角の景色イラストレーションを描いたのですが、ふたたび自分の街角の表通りの可憐さに気付く事ができました。
挿絵を描いていると夢中になって間隔を忘れてしまいますが、うっかり絵の具が滲んでしまいそうになって大変でした。
また、いつぞやおんなじ趣味を以ていた友達と共に挿絵を描いていた事を思い出しました。
完成した自分の挿絵を見たときは僅かクオリティは落ちていらっしゃるなと感じましたが、久しぶりに挿絵を描く楽しさを思いだすことができて良かったです。
これを機会に埃を被っていたツールたちのオーバーホールも正しくしてやらないとなと思いました。
私の趣味を助ける大事なツールたちですから、これからも大切にしていこうと思います。銀座カラー全身脱毛